SORAの家

ウェットスーツ

体温を守るため必ず着用しましょう

ウェットスーツを着て水に入ると、ウェットスーツと肌の間に水が侵入して肌を濡らします。この進入した水が薄い水膜となり、体温によって暖められることで温かさを保ちます。
夏場に水面でおこなうようなマリンスポーツは普通の水着でも大丈夫な場合がありますが、ダイビングは水中で長くおこなうスポーツですので、体温をどんどん奪われてしまいます。
体温を奪われないためにもウェットスーツを着用しなければなりません。
ダイビングをする場所が、南国であって水温が高くても体温を奪われてしまいますので、例え短時間の体験ダイビングであっても必ずウェットスーツは着用していただきます。
また海の中には様々な生物が生息しており、中には不用意に触ってしまうことにより炎症を起こしてしまう危険もあります。岩場では擦り傷を負ったり、トラブルが起きた際には思わぬ怪
我を招く可能性もありますが、ウェットスーツはこのような状況から身体や皮膚を守ってくれます。
ウェットスーツをお持ちでない場合でも当社はもちろんのこと、ほとんど全てのダイビングスクールでレンタルを利用することが出来ます。

ダイビング用のウェットスーツを準備しましょう

基本的にダイビング用のウェットスーツはフルスーツのタイプになります。
デザイン性に様々な違いはありますが、基本的に男性も女性も同じ形状のフルスーツのタイプになります。
様々なマリンスポーツによってそれに適したウェットスーツがあり、ジェットスキーやサーフィンのウェットスーツとは基本的に素材が全く違います。
ダイビングでは水中でも体温を奪われないよう保温性に優れた素材のものを着用します。ウェットスーツに関しては、ご自分の体にフィットしているものを購入するのが一番だと思いますので、オーダーメイドで作られるのが良いと思います。

オーダーメイドの利点

オーダーメイドでないと完璧な保温性は望めません。
レンタル品になりますと既製品になりますので、あくまでも標準的な体型をベースに作られています。しかしすべての方が標準的な体型ではないですし、身長が標準であっても体格、骨格は人によって違います。
ウェットスーツはスーツ内に水が入ってくるのですが、オーダーメイドのようにご自分の体に合ったスーツならば、水が抜けないようになっています。
ダイビング中にスーツの中に入った水を体温で温めて保温性を保つため、体に合っていないスーツを着用していた場合、スーツ内の水が循環してしまい、結果として体温を奪ってしまうことにも繋がります。
体験ダイビングではなく、今後ダイビングを続けていこうと思っていらっしゃるのであれば、その頻度に関らずオーダーメイドで作ってもらうことをお勧めします。

浮力の優れたウェットスーツを選びましょう

ウェットスーツは保温性を保つものだけでなく、浮力を高める面でも重要な役割を担っています。ウェットスーツの素材自体が浮く素材で出来ていますので、スポンジのような素材で中に空気がたくさん入っています。
ウェットスーツのメーカーによって違いがあり、厚さや素材によって適材適所があります。
保温性が優れているものは浮力も強くなり、そういったウェットスーツは優れているということになります。

スキンスーツとジャージ

それぞれの生地にメリットとデメリットがあります。
スキンスーツとは、スキン素材という生地の素材のウェットスーツのことです。
スキン素材は表生地にラバーの層を貼っているような感じの素材なので光沢があります。最近の主流のウェットスーツはどちらかというとジャージ生地という光沢のないものになります。
スキンスーツは表生地がコーティングされているので、表面が少しつるんとしており、ジャージ生地よりも生地自体多少の強度はあると思いますが、スキンスーツは傷に弱い部分があり、そこを改善されるべく誕生したのがジャージ素材になります。
ジャージ素材により表面の強度があがり、染色がしやすいためファッション性の高いデザインのものも登場するようになりました。

スキンもジャージもゴム地の厚さが同じならば、水中の保温力はさほど変わりはありません。しかし水から出たときは、スキンは水捌けがよくすぐに乾くので気化熱による熱損失が少なく、ジャージ素材のものは繊維に水を含んでしまうので水捌けが悪いために乾きにくいので熱損失が大きい、という性質があります。


スキン素材のウェットスーツで一般的に使われるのは、両面フラットスキンと呼ばれるもので、表と裏の面がツルツルしています。
このウェットスーツは滑りが悪くて着にくいので、シッカロールをまぶしたり、水に入ったり、シャワーしたりして着ます。
輻射熱を利用して保温力を高め、また着やすくするために、肌側になる面に微細なアルミニウムの粒子で表面加工(サーモとかメタルとかいう)をしたものがあります。
ジャージ素材のウェットスーツは、さらに種類が分かれています。スタンダードジャージといわれている繊維素材を片面にほどこしたものを片面ジャージ、両面にほどこしたものを両面ジャージと呼んでいます。
片面ジャージは、ジャージ面を表にするか裏にするかは使う人の好みで、泳ぐ際の摩擦を少なくしたい人は、表をスキン裏をジャージというようにしています。両面ジャージは一般的に、片面は黒でもう一方には様々な色のジャージが貼ってあり、好みの色の組合でカラーコーディネイトも楽しめます。
ジャージを肌側にした場合、身体もウェットスーツも乾いていれば着やすいですが、濡れているとかえって着にくくなります。これを解消するために、起毛をしたり伸縮性を変えたりして、着やすくしたジャージのスーツも作られています。

当社のレンタルウェットスーツはすべてジャージ素材のものになります。
体験ダイビングや初級ライセンスのコースをされるお客様がウェットスーツレンタルすることが多いので、そういったお客様は機材の知識がないこともあり、取扱いが分からなく、脱ぎ着の時に無理やり脱いでしまったり、爪を立ててしまったりなどのことがあります。
取り扱いが簡単なのはジャージ素材のものなのでジャージ素材のものを用意しています。レンタルとして用意しやすいという面もあります。

SORA DIVE SHOPへのお電話でのお問い合わせは 06-4981-3439

無料説明会のご予約、ダイビングに関するお問い合わせは、お電話またはメールでお気軽にどうぞ!

ライセンス取得コース・体験ダイビング 無料説明会のご予約はこちら
SORA DIVE SHOPへのお問い合わせはこちら
ライセンス取得コース・体験コース 無料説明会のご予約はこちら

オープン特別記念 ライセンス取得キャンペーン

毎月先着10名様限定 ダイビングライセンス取得コース 19,800円※税込
  • ※ 費用には、教材費、学科講習費、プール実習費、海洋実習費、交通費(海洋実習時)、ライセンス申請料が含まれています。(器材レンタル費は別途必要)
  • ※ このコースではBSACのOCEAN DIVER/オーシャンダイバーの認定が受けられます。

SORA DIVE SHOP

SORA DIVE SHOP 店内写真

心斎橋・なんば・四ツ橋から歩いてすぐ、大阪のおしゃれスポット堀江ある大阪のダイビングショップ【SORA DIVE SHOP】では初心者が安心してスキューバダイビングを楽しめます。ライセンス取得、大阪から日帰りダイビングツアーから海外リゾートダイビングまで当店にお任せください。

壁一面に青い空が広がり、家具も全て木製のあったかい空間です。講習の合間に無料のコーヒー♪ 講習が終わったらビールで乾杯♪ 大阪ミナミにお店があるので、お仕事帰りや買い物のついでに、友達との待ち合わせにも、SORA DIVE SHOPにぜひお立ち寄りください。

大阪市西区北堀江1-14-10 中内ビル2F
お電話でのお問い合わせ 06-4981-3439 営業時間13:00~22:00
ショップのご案内

店長の石川、通称ゴエです!

ダイビングをこれから始めようとしている方や、すでにしている方、全く興味のない方まで、どんな方でもお気軽にお店に遊びに来てください! いい音楽と、ゆったりとした時間が流れる空間を用意してお待ちしてます。

スタッフ紹介

SORAの思い出アルバム

SORAの仲間たち、そして綺麗な海の世界を大阪・堀江から発信中!

フォトライブラリー一覧
SORAの家
↑このページの先頭へ
SORA DIVE SHOP|大阪・堀江のダイビングショップ
  • SORA DIVE SHOPのfacebookページ
SORA DIVE SHOPへのお問い合わせ ライセンス取得コース・体験ダイビング 無料説明会のご予約はこちら
↑このページの先頭へ